多額の借金を減額したいとき、どうすればいい?

説明

多額の借金があり、現在の状況では返済が難しい場合はどうすればいいのでしょうか?

借金返済のために別の金融機関からお金を借りるのは、
雪だるま式に金額が膨れ上がってしまう恐れがあり、おすすめできません。

借金を減らすには親族や知人から借りたり、債務整理をしたり、収入源を増やしたりといった方法があります。

こちらでは、実際に借金をした経験のある人が、借金を減らすためにどのようなことを行ったのかを説明します。

借金を減らしたい時、どのようなアクションを起こしましたか?

アンケート調査の結果

  • 1位:家族・親戚・友人など身近な人から借り入れた・・・29%
  • 2位:債務整理の相談を弁護士にした・・・28%
  • 3位:収入源を増やした・・・26%
  • 4位:その他・・・13%
  • 5位:消費者金融から新たに借り入れた・・・2%
  • 6位:法人から新たに借り入れた・・・2%

1位:家族・親戚・友人など身近な人から借り入れた

  • 利息が膨れ上がってしまう前に手を打つ必要があったため、家族からまとめてお金を借りて返済しました。(46歳・福井県・男性)
  • 借金を返さなければ雪だるま式に増えて行くだけなので、全額返済するために親に頼んでお金を借りました。(41歳・埼玉県・男性)
  • 親にお願いしてまとめてお金を借りて、まず金利の高い借金から返していきました。(43歳・山梨県・女性)
  • 両親から一部を支援してもらい、後は自分で積み立てをして返済しました。(44歳・神奈川県・男性)
  • 親が半分くらい肩代わりしてくれて、なんとか返済の目途が立ちました。(32歳・広島県・女性)
  • 当時付き合っていた彼女がお金持ちだったので、相談したら全額分のお金を渡してくれました。(37歳・神奈川県・男性)

1位は身近な人から借り入れたという意見でした。

家族や親戚、友人から借りれば金利を払わずに返済できるため、借金が雪だるま式に増えていくのを防げます。
一度身近な人から借りて、少しずつ返済していくパターンが多いようです。

中には、借金の一部または全部を肩代わりしてもらった人もいました。

2位:債務整理の相談を弁護士にした

  • 多額の借金を自力で返済することは難しいと判断し、弁護士に相談して債務整理を行いました。月々決まった金額を払えばいいので、返済できなくて悩んでいた時に比べて、精神的な負担が軽くなりました。(36歳・北海道・女性)
  • 自力で返すことが難しかったので、弁護に無料相談をして借金を減額をすることができました。(31歳・長野県・男性)
  • あまりに多額であったため、弁護士に相談しました。親身に相談に乗ってくれて助かりました。(37歳・東京都・女性)

2位は弁護士に債務整理の相談をしたという意見でした。

自分では返済が難しい場合でも、弁護士に相談すると借金を減らせたり、月々の返済を無理のない額に決めてくれたりします。

また、債務整理をしたことで、借金の不安から解放されたという人も多くいました。

3位:収入源を増やした

  • 今までの仕事を辞めて、収入の多い仕事に変えました。ただ、それだけでは返済できないので、深夜のコンビニでアルバイトをしました。そして、やっと借金を完済することできました。(37歳・大阪府・女性)
  • 本業の収入だけでは返済が難しかったので、副業をしてそれを返済に充てました。
    その際に繰り上げ返済をしました。(39歳・福井県・男性)
  • 親族を含め他人には迷惑を掛けたくなかったので、パートをいくつか掛け持ちして収入を増やしました。(47歳・大阪府・女性)

3位は収入源を増やしたという意見でした。

本業だけでは返済が難しい場合、アルバイトをしたり、パートを掛け持ちしたりして収入を増やしたようです。
親族や身近な人に頼らずに返済したい場合は、副業を選ぶ方が多いです。

最後のまとめ

借用書とお金

借金を完済した人や返済中の人にアンケートしたところ、借金を減らすためにまず身近な人から借りたケースが多かったです。

銀行や金融機関でお金を借りると利息を払わなければなりませんが、親族や知人であれば借り入れた金額のみの返済で済みます。
中には、借金の一部や全額を肩代わりしてもらった人もいました。

次に多かったのは、弁護士に相談して債務整理をしたという意見でした。
法律事務所に行って返済プランの相談に乗ってもらうことで、借金を減額できたりします。

自分で返済するのが難しい場合は、ぜひ相談してみるといいでしょう。

また、収入源を増やすことで返済した人もいました。
本業に加えてアルバイトをしたり、パートを掛け持ちしたりすることで収入を増やしたようです。

ただし、仕事を掛け持ちするのは負担が大きく、体力面や精神面で消耗してしまう可能性があります。

なので、確実に借金を減額したい場合は債務整理がおすすめです。
身近な人にお金を借りられれば無理なく返済できますが、貸してくれる方がいるとは限りません。

また、副業するのも大きな負担がかかってしまいます。

借金でお悩みの方は、弁護士に無料相談ができるイージス法律事務所を利用してみるといいでしょう。