借金地獄に陥る原因と解決方法

説明

債務が重なるなどして、返済が難しくなる状態を借金地獄と言います。

一度でも借金地獄に陥ってしまうと、元通りの生活に戻ることは困難です。
債務を抱える原因は人それぞれなので、ケースバイケースに合わせた対処が必要です。

そこで、借金地獄に陥った原因とそれを解決する方法について説明したいと思います。

該当する方はぜひ、参考にして頂ければ幸いです。

目次

借金を背負った原因を考える

借金地獄から立ち直るには、そうなった原因を考えることから始めます。

これは病名が判明しないと、薬が出せないことと同じと言えるでしょう。
基本的に借金地獄に陥る人は無計画な返済計画を立てている、もしくは計画自体を立てていないことが多いです。

そして、借金地獄に陥った原因を探る時はお金の使用用途まで調べるのが大切です。

では、それらの使用用途を具体的にみていきましょう。

FXや株

株式投資

スマホを使えば、いつでもどこでも株取引やFXに資金をつぎ込める時代です。

そのため、サラリーマンや主婦など投資の素人でも手を出す人が多くなりました。
しかし、プロの投資家でも必ず儲かるとは限らない世界なので、素人は特に注意が必要です。

たとえ、ビギナーズラックで儲けることができても、いつかは負けてしまうでしょう。
しかし、一度でも儲かった経験があると、なかなか止められないものですよね。

それどころか、借金を背負っているにも関わらず、「大きく勝てばいつでも返済できる」という妙な自信を持つことが多いです。

最後には金銭感覚がマヒしてしまい、借金がどんどん膨らむという悪循環になってしまうのです。

たとえ、奇跡的に借金を全額返済できたとしても、勝つか負けるかのギャンブル感覚でFXや株をやっていては、
再び借金地獄に陥ることは火を見るより明らかです。

余剰資金を元手に資産投資の観点で行うなら別ですが、生活費を賭けているのであれば、
FXや株の世界から一刻も早く手を引きましょう。

クレジットカード

クレジットカード

普通の生活を送っているつもりでも、いつの間にか借金地獄に陥ってしまうことがあります。

考えなしにクレジットカードで買い物をする人は、その典型と言えるでしょう。
多くのクレジットカードには高額なショッピングをした際に、毎月少しの金額で返済ができるリボ払い機能が付いています。

リボ払いを使えば、高級品やブランド品でも手軽に購入することが可能ですが、それが逆にデメリットになることもあります。

例えば、前回購入した商品の支払いが残っているにもかかわらず、続けてカードで買い物をしてしまうことです。
このようになると、金銭感覚が鈍りかけていると言わざるを得ません。

対処法としては、クレジットカードを使わず現金主義に変えるといいでしょう。

高額な買い物をする時に大金を持ち歩くのが嫌だという人は、デビットカードの使用をおすすめします。
デビットカードは銀行の預金口座と直接つながっているため、お金を使いすぎる危険性が低くなるからです。

自分以外の借金

借金に悩む男女

自分は一円も借金をしていないのに、借金地獄に陥るケースがあります。

友人や知人、家族などが背負った借金を自分が代わりに払うことになる場合です。
例えば、友人の連帯保証人になってしまった場合や、親や家族が借金を背負った場合がそれにあたります。

特に、家族が黙って借金をしていたケースでは、金銭的な負債を抱えると同時に家族に対する不信感も生まれるため、
その後の借金返済へのモチベーションを上げることも難しくなるでしょう。

また、友人や知人から連帯保証人になるように頼まれた時は、契約内容をよく吟味するだけでなく、
話を持ちかけてきた相手についても調べたほうが無難です。

結果、相手の返済能力に疑問が残る場合はきっぱりと断るべきです。

断ることでその人との関係が悪くなると心配する方もいますが、
そもそも連帯保証人を頼んできた時点で付き合い方を考え直すべきとも言えます。

住宅ローン破産

住宅ローン

マイホームより賃貸暮らしのほうが得だという考えも増えていますが、マイホームに夢を抱いている人は多くいます。

人生の中で最も高価な買い物と言える住宅ですが、購入の際は住宅ローンを組むのが一般的です。
そして、住宅ローンを組む時はその人の職業や年収をもとにして、借入金額を計算します。

何十年もかけて返済する計画を立てるケースがほとんどです。

毎月数万円から数十万円を長年に渡って支払うことになるので、無理のない返済計画を立てる必要があります。
しかし、病気や失業など不測の事態に陥る可能性は捨てきれず、もしそうなれば多額の借金を背負うことになりかねません。

その場合は、せっかく手に入れた家を手放すことになり、それでも全額を返済することはできずに借金だけが残る場合もあります。

住宅の価値は住み始めた瞬間から減っていくものなので、その可能性は大いにあるでしょう。
よって、住宅や車のような高額な買い物をする時には、不測の事態も考慮した無理のない返済計画を立てるようにしましょう。

間違っても営業マンのセールストークに乗せられて、衝動買いなどしないように気をつけるべきです。

生活習慣の改善

生活習慣

借金地獄に陥ると、一日も早い全額返済を目指すのが理想です。

しかし、生活習慣から改善しなければ、再び借金地獄に舞い戻ることになりかねません。
なので、まずはお金に対する意識改革から始めましょう。

やりたいことや食べたいものを好きなだけ消費する生活は、その瞬間が楽しいだけで後には何も残りません。

そのため、借金地獄に陥らないコツは第一に消費を制限することだと言えます。

「我慢や節約ばかりでは人生がつまらない」という考えをお持ちの人は、
お金を使わずに人生の喜びを見つけられるように思考を変えるといいでしょう。

例えば、特別なアイテムを使わないダイエットや筋トレ、図書館での読書などは
あまり費用がかからない上に、自分磨きにつながるのでおすすめです。

無料相談サービスの利用

無料相談サービス

借金地獄に陥っている人は一刻も早く完済して、元の生活に戻りたいはずです。

しかし、金額が多すぎるなどの理由から、自分だけでは返済計画を立てることができない場合もあると思います。
そんな時は、イージス法律事務所の無料相談サービスを利用するといいでしょう。

状況によっては借金が減額することも珍しくなく、さらに残った借入金に対して返済期間の延長が行われるケースもあります。

まずは、相談するだけでも自分の状況を客観的に分析してもらえるというメリットがあります。
匿名での相談も受け付けていますので、気軽に利用できると思いますよ。

最後のまとめ

借金には利息が発生するため、返済が遅れるほど支払う金額が増えます。

そのため、できるだけ早く完済したほうがいいのですが、難しい場合がほとんどでしょう。
そんな時は、第三者に相談することで道が開けることがあります。

相談相手は身近な人でもいいですが、匿名性を重視したい人はイージス法律事務所のような借金相談サービスがおすすめです。